銀行用の印鑑を購入する

Pocket

銀行用に新たに印鑑を購入するときには、留意しておくべきいくつかのポイントがあります。一つ一つを確認しながら、印鑑を用意しましょう。

まず印鑑といっても、認印から実印までの用途があり、その大きさも10ミリから18ミリまでとかなり違いがあります。銀行用の印鑑を用意するとしたら、もっとも好ましいのは大きめなサイズです。13ミリ以上~15ミリ未満程度のものは、もっとも銀行印として相応しい大きさになります。実際に銀行で使う印鑑の大きさで最も多いのは、15ミリサイズなのです。

なぜ大きなものを使うかというと、銀行印と認印を明確に区別するという意味があります。似たような印鑑を幾つも所有していることがありますが、何のサービスに対してどの印鑑を使っているのか、わからなくなってしまうことも考えられます。大きめのものにしたおいたら、銀行印だと判別もしやすいでしょう。印鑑に模様のあるものを選ぶことも、他の印鑑と区別をつけやすくする方法です。女性用だったら花柄を入れたり、全体をパステルカラーにして模様の入った印鑑を用意するのもいいでしょう。

印鑑を購入する時には、朱肉やケースも同時に用意しておくことが必要になります。印鑑はケースに入れておくことで、普段から大切に保管ができるようになります。銀行用の印鑑を用意する時には、銀行印として相応しい素材を選ぶことも検討しなければいけません。また、安全性も十分に考慮することも考えてみましょう。