適する素材

Pocket

近年は印鑑に用いられる素材は多様化してきました。自然の動植物や鉱石の素材から金属製のものまで選ぶことができます。銀行用の印鑑を作るときには、特に何の素材を用いなければいけないという決まりはありません。

しかしこれだけは確実に言えることですが、できるだけ安物ではない、頑丈な素材を選んでいくことが大切です。なぜかと言うと銀行印を落とすなどして、欠損したり傷がつくことや、虫食いを避けるためです。その上でできるだけ長期保存が効くという素材が相応しいといえます。

そんな印鑑といえば、一昔前は象牙が人気ナンバーワンでした。現在は象牙はワシントン条約で取引が禁止されているので、日本国内でも象牙自体の取扱い数が現象しつつあります。

そんな中で象牙以外の黒水牛や水牛など動物の角は、光沢を持っているのが特徴で、頑丈であるので銀行印としておすすめできます。植物ならば彩華の印鑑も選ばれる傾向にあります。植物で独特なのは竹根で、一つとして同じ形状や色合いがないので、外見がオリジナルの印鑑に向いています。

銀行印に用いる素材で人気が高まっているのがチタンです。チタンは頑丈であり、空気や水に接して錆びにくいという特徴を持っています。シルバーチタン、ゴールドチタンといった色合いは、お金を取り扱う印鑑にはイメージが合います。金属としてはステンレスも人気があります。水晶やルビーといった鉱石は、硬度があって透明感があったり、美しく輝きを放つのが特徴的です。